万年筆好きのブログ > 万年筆 レビュー > ペリカン スーベレーン M800 F

ペリカン スーベレーン M800 F

ペリカン スーベレーン M800は、8本目に買った万年筆です。プロフェッショナルギアスリム スケルトン MFの後、どうしても舶来物が1本欲しくなって買ってしまいました。

ペリカンの中でもM600にしようか、M800にしようか散々迷いました。M600は他の手持ちの万年筆と被るサイズだし、ペン・オブ・ザ・イヤー1997を受賞したド定番という事でM800にしました。

ペリカン M800 箱

ネットで税込3万円弱で買いました。定価は税抜き52,000円なんで2万円以上安いです。▲このオシャレなパッケージでテンション上がります!選んだのはこれまたド定番の緑縞です。縞の間が少し透けてインクがゆらゆら見えます。

ペリカン スーベレーン M800 緑縞

ペン持ちではなく、普通に持つとかなり重量感があるし、軸も太いんですが、いざ字を書こうとすると、その重さ・太さが絶妙なバランスでペン先に伝わり、自分の手で筆圧を加える必要はほとんどないです。

色んなレビューに、バランス感が絶妙と書いてあったのが納得できました。天冠とペン先のペリカンマークが、モンブランには劣るものの、ステータスシンボルとして自己満足感を高めます。

ペリカン M800 試し書き

書き味は、すごく滑らかで、よく万年筆の書き味を形容するヌラヌラを、ズバリ体現しています。ただ、F(細字)を選んだんですが、私のの場合国産のM(中字)程度の太さです。

システム手帳や、細めの方眼や罫線のノートに使うには、太すぎると思います。年賀状や封書の宛名書きにはピッタリでした。でも、もう少しシャープな線が書けるように、調整してもらおうと思ってます。

国産メーカーのと比べると、見た目も書き味もワンランク上な感じがします。価格も違いますから当たり前ですけどね。

スポンサーリンク

ペリカン スーベレーン M800 F:関連ページ

小野万年筆さんでモンブランの調整しました。
モンブラン146は、結局買ってすぐに郵送で川口明弘さんに調整をお願いしました。 それでかすれは無くなり、潤沢なインクフローで速記できるようになりました。 ただ、フローが良すぎるのか、ゆっくり丁寧に書こうと思うと線が若干滲 […]
モンブラン 146(14K 全金 2段 エボ芯)買っちゃいました!
モンブランのマイスターシュティック146を買っちゃいました!とっても、新品じゃないですよ(^o^)v 中古をヤフオクで買いました。 ペン先は全金で、表記は14K、エボ芯の2段仕様です。 調べると1982~83年頃の物のよ […]
ペリカン M200 デモンストレーター F
ペリカンのM200 デモンストレーターは、5本目に買った万年筆です。それまで4本はスケルトンではないタイプでしたが、ある日「スケルトンの万年筆が欲しい!」と思ったのが最後、、、数週間悩んだ末に買いました。 悩んだのは、ペ […]
川口明弘氏のペン先調整
川口明弘氏にペン先調整をお願いしました。お願いしたのはPILOT カスタムヘリテイジ92 Mです。 なぜ調整に出そうと思ったかというと、私が万年筆を使うシチュエーションの中では太すぎて、使う機会がほとんどないのが勿体ない […]
LAMY safari EF(レッドクリップ)
LAMY safari EF(レッドクリップ)は、私が買った3本目の万年筆です。 1本目で何も知らずにLAMY safari F (アクアマリン)でFのペン先の万年筆を買い、次にプラチナの14Kスタンダード 極細を買い、 […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です