万年筆好きのブログ > 万年筆 レビュー > 川口明弘氏のペン先調整

川口明弘氏のペン先調整

川口明弘氏にペン先調整をお願いしました。お願いしたのはPILOT カスタムヘリテイジ92 Mです。

なぜ調整に出そうと思ったかというと、私が万年筆を使うシチュエーションの中では太すぎて、使う機会がほとんどないのが勿体ないと思ったからです。▼調整前の覚書です。

カスタムヘリテイジ92 調整前

エアキャップに包んで、新聞紙を緩衝材として入れたレターパックライトで送りました。川口明弘氏のFacebookページ(川口明弘 〜万年筆の修理・調整〜)に書いてあった通り、名前や返送先を書いたメモを同封しました。

川口明弘氏へ送付

届いてからメールで料金の振込先等の連絡が来て、振り込んですぐ作業してくれました。発送から手元に到着するまで8日で、スピーディでストレスなくやり取りが出来ました。

川口明弘氏 調整後
▲川口氏のメモ書きも同封されていました。

調整後はそれなりに細くなっていました。でも、Mのペン先がFほど細くなるわけもなく、結果的にPILOTにペン先交換を依頼することになりました。ペン先交換の詳細はまた後日。

スポンサーリンク

川口明弘氏のペン先調整:関連ページ

プラチナ 14Kスタンダード 極細
プラチナの14Kスタンダードは、最初の1本 LAMY safariを買ってスグ、大阪出張時にグランフロント大阪の伊東屋で買いました。ですから2本目で、ペン先は極細です。 その当時、万年筆に1万円も出す感覚は無く、万年筆ら […]
万年筆の書き味が変だと感じたらするべき事
万年筆の書き味は、必ずしも「完璧だ~」「私の思い描いた万年筆はコレだ」と感じません。万年筆は同じ商品でも1本1本書き味が違います。 当たり・ハズレがあるのはある意味必然です。 デジタル全盛の時代で、何を買ってもほぼ均一な […]
軸の重さ・太さ・バランスについて
万年筆の軸の重さ・太さ・バランスについて思う事を書きたいと思います。 万年筆は私の場合、ずっとペン先に注目してました。字幅の太さ、柔らかさ、大きさ、デザインなどです。でも、一番最近買ったパイロット カスタムヘリテイジ91 […]
ほぼ日手帳と万年筆の相性をチェックしてみました。
ほぼ日手帳と万年筆の相性はどうなんだ?と思って、試してみました。 買ったのは、ほぼ日手帳 WEEKSで、 普段使ってるトラベラーズノート 週間+メモに 近い体のほぼ日手帳をセレクトしました。 万年筆は、LAMY safa […]
小野万年筆さんでモンブランの調整しました。
モンブラン146は、結局買ってすぐに郵送で川口明弘さんに調整をお願いしました。 それでかすれは無くなり、潤沢なインクフローで速記できるようになりました。 ただ、フローが良すぎるのか、ゆっくり丁寧に書こうと思うと線が若干滲 […]

1件のコメント »

  • 楽しく拝見しました。
    Mニブ以上になるとほとんど実用性は無くなります、趣味の世界です。
    しかし国産のef,fニブは実に良く出来ていて、世界レベルでも超一流です。
    この二種類だけで充分万年筆の醍醐味を味わえます。洋物は別物です、だって書く文字が根本的に違うのですから。mニブは慎重に吟味すれば使える物が手に入りますが、大概急に字幅が太くなり、使えません。
    念入りに調整して貰えば宝物のような一本になりやすよ。
    フローを絞り気味にして、ペンポイントを完璧に磨き上げるのです。
    勿論有料調整でないと期待できないでしょうが、満足できるはずです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です