万年筆好きのブログ > 万年筆 おすすめ > 万年筆の洗浄方法 ペリカンでも試しました。

万年筆の洗浄方法 ペリカンでも試しました。

万年筆は、ボールペンなどと違い定期的なメンテナンスが欠かせません。特に使うインク次第ですが、お手入れを怠ると致命傷になりかねませんので注意しましょう。

まず、顔料インクを使ってる方は、カートリッジを交換するとき、インクを吸う時に必ず洗浄しましょう。一般的な水性インクは文字通り水性ですから、水に溶ける性質を持ってます。顔料インクの場合、水に溶けません。水に溶けないという事はペン先で固まってしまうと、水に浸してもダメという事です。

こうなると以前紹介した、プラチナ万年筆洗浄液を試すか、メーカーや専門店でオーバーホールしてもらわなきゃいけません。それを避ける意味でも、お手入れ・洗浄は非常に大切です。

コンバーターで徹底的に水を出し入れする!


コンバーターはカートリッジの替わりに、インクを吸い込むパーツですが、洗浄にも大いに効果を発揮します。普段はカートリッジを使っていても良ので、洗浄の為だけにコンバーターを買っておいても良いくらいです。メーカーによって違いますが、価格は400円~800円くらいです。

プラチナ万年筆の洗浄液に付属のスポイトも使えます。国産なら↓コレです。


万年筆 洗浄 セーラー

これは、セーラー プロフェッショナルギアスリムです。インクはセーラー ナノインク 青墨で顔料です。ですから毎回毎回キレイに洗って、何度かに一度洗浄液でしっかり洗います。

首軸まで水に入れて、何度も何度も水を吸ったり出したりします。この時冷水より熱めのお風呂くらいのお湯の方が溶け出しやすいです。水を何度も取り替えながら、透明になるまで繰り返します。


ペン先は一晩浸け置きする


ペン先は一晩水に浸け置きします。▲これで透明になったはずなのに、翌朝にはジワッとインクが出ているのが分かると思います。取り出して流水で流し、ティッシュで水分を拭き取ると、まだインクの色が少し残ります。これは仕方ありません。

ペン先 浸け置き

▼ペリカン M800の場合割り箸をゴムで軸に括り付け、ペン先が底に当たらないようにしてます。自然とじわっとインクが出てるのが分かると思います。インクはパイロット 純正ブルーです。

万年筆 洗浄 ペリカン

高価な筆記具ですから、こまめに洗浄して、長く愛用しましょう!

スポンサーリンク

万年筆の洗浄方法 ペリカンでも試しました。:関連ページ

万年筆は買取よりヤフオクがおすすめ
万年筆好きのブログですが、買取や売却に関する事を書きます。 実は、使わない万年筆を売却しているんです、、、ヤフオクで。 郵送で買取をしてくれる専門店がいくつもあることは知っていたんですが、 売却したいと考えていた万年筆が […]
初心者 初めての1本にはコレがおすすめ
万年筆の最初の1本は、いろんなメディアであーでもない、こーでもないと色んな万年筆を紹介しています。御多分にもれず、私も自分の手持ちの万年筆から何本かおすすめしたいと思います。 私が買った1本目は、LAMY safari […]
Amazon・楽天で万年筆を買うメリット・デメリット
ネット通販全盛の昨今、アナログ筆記具の代表ともいえる万年筆もネットで買う人が多いと思います。私も手持ちの10本のうち、9本ネットで買ってます(^_^;) 店頭はほぼ定価ですから、やっぱりAmazon・楽天の安さは魅力です […]
名古屋の万年筆店 三光堂
名古屋の万年筆店 三光堂さんは、ナゴヤドームに近いJR大曽根駅から歩いて5分くらいです。メッツ大曽根という商業施設の道挟んで東側です。 公式ページ>>>万年筆の三光堂 店内は国産・輸入のブランド万年筆・インクがズラッと並 […]
万年筆におすすめのノート
万年筆という筆記具にこだわり始めると、ノートにもこだわりたくなります。知人に勧められてまず使ったのが、ツバメノートです。申し分ない書き味ですが、更に上を求めて4種類試してみました。 左から順に ・ツバメノート SECTI […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です