万年筆好きのブログ > 万年筆 レビュー > パイロット フォルカン(FA)をSFMにペン先交換した件

パイロット フォルカン(FA)をSFMにペン先交換した件

パイロットの人気のペン先 フォルカン(FA)を買ったと先日レビューしました。

こちら>>>パイロット FA(フォルカン)の書き心地について

パイロット フォルカン

しかし、結局SFMにペン先交換してもらいました。

SFMはソフト調の中細字です。その経緯をここに紹介します。もし「フォルカン欲しいな」と思う方がコレを見てたら、私の経験を踏まえて一度試筆することをおすすめします。

フォルカン(FA)の書き心地について


フォルカンは本当に使いこなすのが難しいと感じました。

まず、届いた時のペン先はインクフローがすごく良くて、ほとんど筆圧を掛けずに紙にペン先が触れてるだけで太い線になってしまいました。違和感を感じつつも「こんなもんなんだろう」と思って1日2日意識して使ってみましたが、やっぱり「違うだろ」と思ってPILOTにペン先調整をお願いしました。

戻ってきてみると、インクフローが渋めに調整されていて、力の入れ加減で字幅が調整しやすくはなったんですが、逆に最初のタッチが針の先で紙をひっかいているような尖った印象になってしまいました。

それと、自分の筆圧が安定しない事が原因だとは思いますが、意図せずドバッとインクが出てしまう事が多くて「いや~無理だなコレ」と思ってしまいました。

もっと長い目で使い込んで、自分の手に馴染ませる努力をすれば違ったとは思いますが、「練習するより気持ちよく字を書きたい」と思ってペン先交換に踏み切りました。

SFM(ソフト・ファインミディアム)の書き心地について


SFM(ソフト・ファインミディアム)は、とてもいい感じです。フォルカンの様に際立った特徴はありませんが、その分使いやすいです。

紙当たりはソフトで、ちょうど良く細いです。フォルカンの様に目で見て分かるほどペン先が開くわけじゃありませんが、少し力を入れると太くなってくれます。

パイロット SFM

日本語の留め・払いがキレイに書けるペン先です。

フォルカンに違和感を感じても、手に馴染むまで使い込んで練習できる覚悟のある人はフォルカンを買っても「良かった」と思えるでしょうが、そうでない私のような方は、フォルカンが引き出しの肥やしになる可能性大です。

そう言われても、一度欲しいと思った気持ちは、なかなか諦めきれないでしょうから、一度店頭で試筆してみることをおすすめします。その上で覚悟を決めて買いましょう。そうでないならSFMがおすすめです。

スポンサーリンク

パイロット フォルカン(FA)をSFMにペン先交換した件:関連ページ

軸の重さ・太さ・バランスについて
万年筆の軸の重さ・太さ・バランスについて思う事を書きたいと思います。 万年筆は私の場合、ずっとペン先に注目してました。字幅の太さ、柔らかさ、大きさ、デザインなどです。でも、一番最近買ったパイロット カスタムヘリテイジ91 […]
LAMY safari インクが蒸発しました
LAMY safariのインクが蒸発し、いつの間にかゼロになっていました。久しぶりに書いてみようと思って、引き出しから取り出したら全く書けなくて驚きました。 ▼ペン先はこんな感じ。 若干、インクで汚れてるなとは思いました […]
川口明弘氏のペン先調整
川口明弘氏にペン先調整をお願いしました。お願いしたのはPILOT カスタムヘリテイジ92 Mです。 なぜ調整に出そうと思ったかというと、私が万年筆を使うシチュエーションの中では太すぎて、使う機会がほとんどないのが勿体ない […]
LAMY safari EF(レッドクリップ)
LAMY safari EF(レッドクリップ)は、私が買った3本目の万年筆です。 1本目で何も知らずにLAMY safari F (アクアマリン)でFのペン先の万年筆を買い、次にプラチナの14Kスタンダード 極細を買い、 […]
小野万年筆さんでモンブランの調整しました。
モンブラン146は、結局買ってすぐに郵送で川口明弘さんに調整をお願いしました。 それでかすれは無くなり、潤沢なインクフローで速記できるようになりました。 ただ、フローが良すぎるのか、ゆっくり丁寧に書こうと思うと線が若干滲 […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です