万年筆好きのブログ > 万年筆 レビュー > ワンチャーの万年筆 流光 フォレストグリーン Mの感想

ワンチャーの万年筆 流光 フォレストグリーン Mの感想

ワンチャー(WANCHER)というブランドの万年筆 流光 フォレストグリーン(M)を久しぶりに買いました!

手持ちの万年筆にインクが見える透明軸の万年筆が無くて、どうしても欲しくなっちゃったんです。

整理する前は↓この3本持ってました。1本くらい残しておけばよかった(^m^ )

カスタムヘリテイジ92 FM
プロフェッショナルギアスリム スケルトン MF
ペリカン M200 デモンストレーター F

それは兎も角として、大手ブランドの万年筆を買うと高いし、「鉄ニブでいいし安いの無いかな?」と物色してて見つけたのがワンチャーの流光でした。

オレンジ・ブルー・グリーンがあるんですが、緑好きなんでフォレストグリーンにしました。ペン先は細字好きなんですがあえて中字にしました。

ワンチャー 万年筆 流光 フォレストグリーン

↑こんな面白いパッケージで届きました。伸縮性のある透明のフィルムにサンドされてて、そのまま飾れるようなパッケージです。

流光は軸に直接インクをスポイトで充填できるアイドロッパー式なんですが、いきなりドボドボ入れ勇気が無かったので、ひとまず付属のコンバーターで使ってます。

流光 ペン先・コンバーター

やっぱり軸からインクが見えるのっていいですね。

黒を入れても面白くないので、流光と一緒に買ったワンチャーのフォレストグリーンインクを入れてます。

ワンチャー フォレストグリーンインク

ペン先は鉄ニブなので固くて、中字ですからスルスル滑って筆圧ほぼゼロで速記できます。メモを走り書きする時なんかすごく使えると思います。

太さはペリカンM800より少し細いくらいでちょうど良く、軸はアクリルなんでかなり軽いです。キャップとお尻のモザイクカラーは角度で見え方が変わっていい感じです。値段を考えればこの重さ・素材は仕方ないかと思います。

コンバーター1回分使い切ったら、今度はアイドロッパー式で使ってみます。軸のバランスも変わってくると思うので、ちょっと楽しみ。

公式ページ:Wancher Official Store | リュウコウ 透明万年筆 フォレストグリーン

スポンサーリンク

ワンチャーの万年筆 流光 フォレストグリーン Mの感想:関連ページ

パイロット フォルカン(FA)をSFMにペン先交換した件
パイロットの人気のペン先 フォルカン(FA)を買ったと先日レビューしました。 こちら>>>パイロット FA(フォルカン)の書き心地について しかし、結局SFMにペン先交換してもらいました。 SFMはソフト調の中細字です。 […]
パイロット FA(フォルカン)の書き心地について
パイロットのFA(フォルカン)を使ってみたくて、カスタムヘリテイジ912を買いました。モンブラン 146(14K 全金 2段 エボ芯)以来の購入です。8か月ぶりの万年筆購入です(^_^;) 外観は「ベスト型で金属部分はシ […]
小野万年筆さんでモンブランの調整しました。
モンブラン146は、結局買ってすぐに郵送で川口明弘さんに調整をお願いしました。 それでかすれは無くなり、潤沢なインクフローで速記できるようになりました。 ただ、フローが良すぎるのか、ゆっくり丁寧に書こうと思うと線が若干滲 […]
万年筆の書き味が変だと感じたらするべき事
万年筆の書き味は、必ずしも「完璧だ~」「私の思い描いた万年筆はコレだ」と感じません。万年筆は同じ商品でも1本1本書き味が違います。 当たり・ハズレがあるのはある意味必然です。 デジタル全盛の時代で、何を買ってもほぼ均一な […]
プラチナ 14Kスタンダード 極細
プラチナの14Kスタンダードは、最初の1本 LAMY safariを買ってスグ、大阪出張時にグランフロント大阪の伊東屋で買いました。ですから2本目で、ペン先は極細です。 その当時、万年筆に1万円も出す感覚は無く、万年筆ら […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です