万年筆好きのブログ > 万年筆 レビュー > プラチナ センチュリー シャトルブルー 細軟

プラチナ センチュリー シャトルブルー 細軟

プラチナ センチュリー シャトルブルー 細軟(SF)は、9本目に買った万年筆です。ペリカン スーベレーン M800 Fの後しばらく買わなかったんですが、国内3大メーカーのうち、プラチナだけ定番モデルを持っていない事に気付き、半ば衝動買いのように注文してしまいました。

シャトルブルーのクリアな青は本当にキレイです。見てるだけでうっとりするような色です。

プラチナ センチュリー シャトルブルー

持った感じは、パイロットのカスタムヘリテイジ92より軽く、セーラーのプロフェッショナルギア スリムより少し重いくらいです。太さも長さもヘリテイジ92とほぼ変わりません。

最近、メインで使ってたのはペリカンのM800 緑縞なんで、圧倒的にセンチュリーの方が軽いです。そのせいか、慣れるまで書く線がぶれました。

ペン先のハートマークと#3776の刻印が良いですね~。

センチュリー #3776 細軟

細軟(SF)の書き味は、プラチナらしい少しフローが渋めでちょっとサリサリする感じ。「軟」が付いていますが、弱い筆圧で書いてると「軟らかいな~」って感じはありません。でも、ちょっと筆圧を掛けると、ペン先がしなる感じがあって、線が太くなります。

同じメーカーのプラチナ 14Kスタンダード 極細よりは、見た目も書き味も圧倒的に万年筆らしいです。折角万年筆を使うんですから、スタンダードよりセンチュリーの方が良いかもしれませんね。

スポンサーリンク

プラチナ センチュリー シャトルブルー 細軟:関連ページ

小野万年筆さんでモンブランの調整しました。
モンブラン146は、結局買ってすぐに郵送で川口明弘さんに調整をお願いしました。 それでかすれは無くなり、潤沢なインクフローで速記できるようになりました。 ただ、フローが良すぎるのか、ゆっくり丁寧に書こうと思うと線が若干滲 […]
パーカー デュオフォールド センテニアル XF
パーカー デュオフォールド チェック ブルーPT センテニアル XFは、PILOT カクノ M(中字)の次 11本目に買った万年筆です。これまで10本買ってきて、「次はモンブランかな~」「パーカー、デルタもいいなぁ」なん […]
LAMY safari インクが蒸発しました
LAMY safariのインクが蒸発し、いつの間にかゼロになっていました。久しぶりに書いてみようと思って、引き出しから取り出したら全く書けなくて驚きました。 ▼ペン先はこんな感じ。 若干、インクで汚れてるなとは思いました […]
DIME ビームスコラボ 万年筆を使ってみました。
DIMEの付録に万年筆が付いてるという事で、探し回って買ってきました。万年筆が付録についているのは、2015年7月号です。6月4日時点でAmazonも楽天ブックスも売り切れでした。今から探す方が、近所の本屋に手あたり次第 […]
川口明弘氏のペン先調整
川口明弘氏にペン先調整をお願いしました。お願いしたのはPILOT カスタムヘリテイジ92 Mです。 なぜ調整に出そうと思ったかというと、私が万年筆を使うシチュエーションの中では太すぎて、使う機会がほとんどないのが勿体ない […]

1件のコメント »

  • プラチナの細軟ニブはセンチュリーの中でも傑作かと存じます、余り横に開かず、立てに僅かに撓りますよね、無理の無い軟ペンでしょう。極普通に筆記すれば、極普通に書いた文字に強弱が付きますね。とても自然な感じですね。フォルカンは余程慣れないと使いこなせませんが、プラチナの細軟は普通に使えるはずです。余りペンを立てずに軽く書くのがコツかと存じます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です