万年筆好きのブログ > 万年筆 レビュー > プラチナ 14Kスタンダード 極細

プラチナ 14Kスタンダード 極細

プラチナの14Kスタンダードは、最初の1本 LAMY safariを買ってスグ、大阪出張時にグランフロント大阪の伊東屋で買いました。ですから2本目で、ペン先は極細です。

その当時、万年筆に1万円も出す感覚は無く、万年筆らしいデザインもちょっと、、、という頭でした。

それで手帳の4、5mmの方眼にストレスなく書ける細さの万年筆が欲しくて14Kスタンダード 極細を選びました。

プラチナ 14Kスタンダード 極細

この時、伊東屋さんの店員さんに5、6本は出してもらい、試し書きもしたんですが、何を出してもらったか全く記憶にありません。予備知識もないし、万年筆屋に居るというだけで緊張してしまっていました。今ならもう少し楽しく買い物できるかもしれません。

プラチナ 14Kスタンダード

キャップはスクリュー式じゃなくプッシュ式です。ペン先は14Kで小ぶりなシンプルなデザインです。

書き味は極細ですからカリカリ感が凄いです。でもsafariのFより数段細いです。手帳の小さい方眼に画数の多い感じも楽々書けます。safariのEFよりも14Kスタンダードの極細の方が明らかに細いです。

▼この写真のsafariはFですけどね(^_^;)
LAMY Safari プラチナ 14Kスタンダード

細かい手帳に書き込む用ならピッタリです。

少し大きめの字を書こうと思うとキツイですから、手紙や宛名書き、日記、メモやノート用には向かないと思います。万年筆らしいデザインの、もう少し軸が太く重量感のあるもので、ペン先もF~Mくらいが良いんじゃないでしょうか。プラチナならセンチュリーでしょうね。

スポンサーリンク

プラチナ 14Kスタンダード 極細:関連ページ

LAMY safari EF(レッドクリップ)
LAMY safari EF(レッドクリップ)は、私が買った3本目の万年筆です。 1本目で何も知らずにLAMY safari F (アクアマリン)でFのペン先の万年筆を買い、次にプラチナの14Kスタンダード 極細を買い、 […]
小野万年筆さんでモンブランの調整しました。
モンブラン146は、結局買ってすぐに郵送で川口明弘さんに調整をお願いしました。 それでかすれは無くなり、潤沢なインクフローで速記できるようになりました。 ただ、フローが良すぎるのか、ゆっくり丁寧に書こうと思うと線が若干滲 […]
万年筆 収集熱はひとまず終息しました。
万年筆を買い始めて3年目になります。 1年目は本当に馬鹿みたいに万年筆ばかり買ってました(^_^;) LAMY Safariに始まり、プラチナ、セーラー、パイロット、ペリカンなど10本近く買ったと思います。本当に異常な万 […]
DIME ビームスコラボ 万年筆を使ってみました。
DIMEの付録に万年筆が付いてるという事で、探し回って買ってきました。万年筆が付録についているのは、2015年7月号です。6月4日時点でAmazonも楽天ブックスも売り切れでした。今から探す方が、近所の本屋に手あたり次第 […]
パイロット FA(フォルカン)の書き心地について
パイロットのFA(フォルカン)を使ってみたくて、カスタムヘリテイジ912を買いました。モンブラン 146(14K 全金 2段 エボ芯)以来の購入です。8か月ぶりの万年筆購入です(^_^;) 外観は「ベスト型で金属部分はシ […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です