万年筆好きのブログ > 万年筆 レビュー > プラチナ 14Kスタンダード 極細

プラチナ 14Kスタンダード 極細

プラチナの14Kスタンダードは、最初の1本 LAMY safariを買ってスグ、大阪出張時にグランフロント大阪の伊東屋で買いました。ですから2本目で、ペン先は極細です。

その当時、万年筆に1万円も出す感覚は無く、万年筆らしいデザインもちょっと、、、という頭でした。

それで手帳の4、5mmの方眼にストレスなく書ける細さの万年筆が欲しくて14Kスタンダード 極細を選びました。

プラチナ 14Kスタンダード 極細

この時、伊東屋さんの店員さんに5、6本は出してもらい、試し書きもしたんですが、何を出してもらったか全く記憶にありません。予備知識もないし、万年筆屋に居るというだけで緊張してしまっていました。今ならもう少し楽しく買い物できるかもしれません。

プラチナ 14Kスタンダード

キャップはスクリュー式じゃなくプッシュ式です。ペン先は14Kで小ぶりなシンプルなデザインです。

書き味は極細ですからカリカリ感が凄いです。でもsafariのFより数段細いです。手帳の小さい方眼に画数の多い感じも楽々書けます。safariのEFよりも14Kスタンダードの極細の方が明らかに細いです。

▼この写真のsafariはFですけどね(^_^;)
LAMY Safari プラチナ 14Kスタンダード

細かい手帳に書き込む用ならピッタリです。

少し大きめの字を書こうと思うとキツイですから、手紙や宛名書き、日記、メモやノート用には向かないと思います。万年筆らしいデザインの、もう少し軸が太く重量感のあるもので、ペン先もF~Mくらいが良いんじゃないでしょうか。プラチナならセンチュリーでしょうね。

スポンサーリンク

プラチナ 14Kスタンダード 極細:関連ページ

万年筆の書き味が変だと感じたらするべき事
万年筆の書き味は、必ずしも「完璧だ~」「私の思い描いた万年筆はコレだ」と感じません。万年筆は同じ商品でも1本1本書き味が違います。 当たり・ハズレがあるのはある意味必然です。 デジタル全盛の時代で、何を買ってもほぼ均一な […]
プラチナ センチュリー シャトルブルー 細軟
プラチナ センチュリー シャトルブルー 細軟(SF)は、9本目に買った万年筆です。ペリカン スーベレーン M800 Fの後しばらく買わなかったんですが、国内3大メーカーのうち、プラチナだけ定番モデルを持っていない事に気付 […]
LAMY safari インクが蒸発しました
LAMY safariのインクが蒸発し、いつの間にかゼロになっていました。久しぶりに書いてみようと思って、引き出しから取り出したら全く書けなくて驚きました。 ▼ペン先はこんな感じ。 若干、インクで汚れてるなとは思いました […]
パイロット FA(フォルカン)の書き心地について
パイロットのFA(フォルカン)を使ってみたくて、カスタムヘリテイジ912を買いました。モンブラン 146(14K 全金 2段 エボ芯)以来の購入です。8か月ぶりの万年筆購入です(^_^;) 外観は「ベスト型で金属部分はシ […]
ペリカン スーベレーン M800 F
ペリカン スーベレーン M800は、8本目に買った万年筆です。プロフェッショナルギアスリム スケルトン MFの後、どうしても舶来物が1本欲しくなって買ってしまいました。 ペリカンの中でもM600にしようか、M800にしよ […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です