万年筆好きのブログ > 万年筆 レビュー > 軸の重さ・太さ・バランスについて

軸の重さ・太さ・バランスについて

万年筆の軸の重さ・太さ・バランスについて思う事を書きたいと思います。

万年筆は私の場合、ずっとペン先に注目してました。字幅の太さ、柔らかさ、大きさ、デザインなどです。でも、一番最近買ったパイロット カスタムヘリテイジ912のフォルカン・SFMで思った事があります。

それは、「ペン先より軸が大事だな~」ってこと。

パイロットのカスタムヘリテイジ912を買ってから、意識してこれを使うようにしてるんですが、偶にペリカン スーベレーンM800を使うと、ペンが走る走る、、、同じ程度の字でも書ける速さが全然違うんです。

M800の方が速いからと言って、字が汚いわけじゃないです。よく見ればキレイなくらいです。

「何が違うんだろう?」と思った時、やっぱり軸の太さ・重さ・バランスだと分かりました。M800はソレが私の手にぴったりなんです。

カスタムヘリテイジ912と比較するとM800の方がやや重いし太いです。

私は手が大きいのでM800の方が合ってるんでしょうね。逆にM800よりカスタムヘリテイジ912の方が合うという人もいるでしょう。

そういう観点からみると、M800とモンブラン マイスターシュテュック146は非常に優秀で、私の手にぴったりです。逆にその他は細く・軽くてしっくりこないんです。

「舶来ブランドなんて高いだけだ」と思って、国産ブランドメインで色々買ってきましたが、最終的にペリカンとモンブランになるなんて、「なんだかなぁ」の結果なんですが、やっぱり長い歴史の中で評価され続けてきた商品・ブランドには相応の理由があるんだと分かりました。

「高いだけじゃない」という事も。

スポンサーリンク

軸の重さ・太さ・バランスについて:関連ページ

LAMY safari F (アクアマリン)
LAMY safariは、私の記念すべき1本目の万年筆です。定価の4,200円で店頭で買いました。 ネットで1,000円台から買える事は承知の上で、どうしてもすぐに欲しかったので、店頭で買いました、、、しかも本屋に付属の […]
パイロット フォルカン(FA)をSFMにペン先交換した件
パイロットの人気のペン先 フォルカン(FA)を買ったと先日レビューしました。 こちら>>>パイロット FA(フォルカン)の書き心地について しかし、結局SFMにペン先交換してもらいました。 SFMはソフト調の中細字です。 […]
PILOT カスタムヘリテイジ92 M
PILOT カスタムヘリテイジ92は、6本目に買った万年筆です。 5本目がペリカン M200 デモンストレーター Fで、どちらにするか散々悩んだ挙句にペリカンを選んだのに、PILOTも欲しくなって、すぐに買ってしまうとい […]
川口明弘氏のペン先調整
川口明弘氏にペン先調整をお願いしました。お願いしたのはPILOT カスタムヘリテイジ92 Mです。 なぜ調整に出そうと思ったかというと、私が万年筆を使うシチュエーションの中では太すぎて、使う機会がほとんどないのが勿体ない […]
小野万年筆さんでモンブランの調整しました。
モンブラン146は、結局買ってすぐに郵送で川口明弘さんに調整をお願いしました。 それでかすれは無くなり、潤沢なインクフローで速記できるようになりました。 ただ、フローが良すぎるのか、ゆっくり丁寧に書こうと思うと線が若干滲 […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です