万年筆好きのブログ > 万年筆 レビュー > モンブラン マイスターシュテュック 146 M

モンブラン マイスターシュテュック 146 M

モンブラン マイスターシュテュック 146のレビューです。

と言っても僕のじゃありません。友人のマイスターシュテュック146を
少し触らせてもらった時の感想です。憧れますよね~ホワイトスター(^o^)v

モンブラン マイスターシュテュック146 レビュー

見た目の万年筆らしさというか、『これぞ万年筆だ』感が半端ないです。
そして、天冠にはホワイトスターが輝いています。

マイスターシュテュック146

モンブランの場合、149と146でほとんどの人が迷うんですが、
男で手のデカい私でも、「146でいいな」と思いました。

146でも細い事は全然なく、私の持ってるパーカー デュオフォールド センテニアルや
ペリカン スーベレーンM800クラスの太さです。

キャップを後ろにつけて構えた時のバランスの良さも
素晴らしかったです。M800と甲乙つけがたいです。

マイスターシュテュック 146 M 試し書き

ペン先はMで、インクフローは潤沢でした。

ですから、筆圧不要でペンの重さだけでスラスラスラ~と
どれだけでも書ける感じでした。

インクはモンブラン ミステリーブラックだそうです。
太すぎることも、滲むこともなく、絶妙な滑らかさでした。

「モンブランは買うのもメンテも高過ぎるからいらん!」と
強がってましたが、触ってしまうとやっぱり欲しくなりました。

でも、今は買いません。

モンブランはいつか必ず、買うべき時がやってくるはずです。
その時に買います。背伸びして買う気にはなれませんでした。

スポンサーリンク

モンブラン マイスターシュテュック 146 M:関連ページ

プロフェッショナルギア 銀 F
プロフェッショナルギア 銀 Fは、私が4本目に買った万年筆です。 名古屋 栄の丸善で、定価の21,600円で買いました。散々試し書きして、インクフローの良いのを選びました。別にプロギアを狙って買いに行ったわけじゃないんで […]
パイロット FA(フォルカン)の書き心地について
パイロットのFA(フォルカン)を使ってみたくて、カスタムヘリテイジ912を買いました。モンブラン 146(14K 全金 2段 エボ芯)以来の購入です。8か月ぶりの万年筆購入です(^_^;) 外観は「ベスト型で金属部分はシ […]
軸の重さ・太さ・バランスについて
万年筆の軸の重さ・太さ・バランスについて思う事を書きたいと思います。 万年筆は私の場合、ずっとペン先に注目してました。字幅の太さ、柔らかさ、大きさ、デザインなどです。でも、一番最近買ったパイロット カスタムヘリテイジ91 […]
LAMY safari EF(レッドクリップ)
LAMY safari EF(レッドクリップ)は、私が買った3本目の万年筆です。 1本目で何も知らずにLAMY safari F (アクアマリン)でFのペン先の万年筆を買い、次にプラチナの14Kスタンダード 極細を買い、 […]
川口明弘氏のペン先調整
川口明弘氏にペン先調整をお願いしました。お願いしたのはPILOT カスタムヘリテイジ92 Mです。 なぜ調整に出そうと思ったかというと、私が万年筆を使うシチュエーションの中では太すぎて、使う機会がほとんどないのが勿体ない […]

1件のコメント »

  • こんにちは、楽しく拝見させていただきました。
    146いいですよね。
    私も二本目の146をこの春買い求め使っております。
    Fニブです。漢字仮名交じりの日本語筆記にはEF,F までしか実用にならないと思います。現行マイスターシュテュックのまるで鎧のような剛性感ノアルニブにようやく慣れてまいりました。30数年前の146は驚くほど軟らかいニブだったのをはっきり記憶しておりましたので、余りの変貌に最初ちょっと戸惑いました。
    慣れるとこの硬いニブの方が疲れにくく大量筆記には有利ですね。
    これも時代の流れでしょう。巷ではとかくいろいろ言われているようですが、
    マイスターシテュックは万年筆の旗手であるのは間違いなさそうです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です