万年筆好きのブログ > 万年筆 レビュー > パーカー デュオフォールド センテニアル XF

パーカー デュオフォールド センテニアル XF

パーカー デュオフォールド チェック ブルーPT センテニアル XFは、PILOT カクノ M(中字)の次 11本目に買った万年筆です。これまで10本買ってきて、「次はモンブランかな~」「パーカー、デルタもいいなぁ」なんて思ってた矢先、ネットでこのカラーを見て欲しくて欲しくてたまらなくなりました。

調べてたのはデュオフォールド ラピスラズリGTで、スグじゃなくいつか欲しいと思ってたのに、このデュオフォールド チェックシリーズを見つけてしまい、もう残り少ない事が判明、、、半ば衝動買いのように買いました。ですから、今は怖くてモンブランとかデルタとか調べられません(^_^;)

デュオフォールド センテニアル

デュオフォールド センテニアルの感想


軸の太さはペリカン M800と同じか僅かに細いくらい。キャップを後ろに付けた時のバランスは、やや重心が後ろ気味になります。首軸を持つならキャップは外した方が良いかもしれません。

ペン先は18Kで柔らかくはないけどタッチは滑らか。大振りでやや縦長 シルバーとゴールドのバイカラー仕上げのハートマークが美しいです。天冠にもハートマークが刻印されています。

デュオフォールド チェック

単色じゃないデザイン性のある軸ですが、華美じゃなく丁度いいと感じました。ちなみにMade in UKです。

日本語がキレイに書けるペン先


最初はFで買ったんですが、太すぎてメーカー保証でXFに替えてもらいました。その後、かすれがあってもう一度調整してもらって今に至ります。ホント、高い癖に手間のかかる筆記具です(^_^;)

今は、素晴らしく書き易いです。特に日本語の払い・はねがキレイに書けます。手持ちの万年筆のなかで、丁寧にキレイな字を書こうと思ったときに手に取るのは、デュオフォールド XFです。

スポンサーリンク

パーカー デュオフォールド センテニアル XF:関連ページ

万年筆 収集熱はひとまず終息しました。
万年筆を買い始めて3年目になります。 1年目は本当に馬鹿みたいに万年筆ばかり買ってました(^_^;) LAMY Safariに始まり、プラチナ、セーラー、パイロット、ペリカンなど10本近く買ったと思います。本当に異常な万 […]
小野万年筆さんでモンブランの調整しました。
モンブラン146は、結局買ってすぐに郵送で川口明弘さんに調整をお願いしました。 それでかすれは無くなり、潤沢なインクフローで速記できるようになりました。 ただ、フローが良すぎるのか、ゆっくり丁寧に書こうと思うと線が若干滲 […]
ペリカン M200 デモンストレーター F
ペリカンのM200 デモンストレーターは、5本目に買った万年筆です。それまで4本はスケルトンではないタイプでしたが、ある日「スケルトンの万年筆が欲しい!」と思ったのが最後、、、数週間悩んだ末に買いました。 悩んだのは、ペ […]
万年筆の書き味が変だと感じたらするべき事
万年筆の書き味は、必ずしも「完璧だ~」「私の思い描いた万年筆はコレだ」と感じません。万年筆は同じ商品でも1本1本書き味が違います。 当たり・ハズレがあるのはある意味必然です。 デジタル全盛の時代で、何を買ってもほぼ均一な […]
LAMY safari F (アクアマリン)
LAMY safariは、私の記念すべき1本目の万年筆です。定価の4,200円で店頭で買いました。 ネットで1,000円台から買える事は承知の上で、どうしてもすぐに欲しかったので、店頭で買いました、、、しかも本屋に付属の […]


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です